2014年4月23日水曜日

キッチン、窓が決まりつつあります。 

こんにちは。こみんです。

つわりが続いてましたが、今日は何にもないかのように元気です。
朝から掃除、洗濯、洗い物、散歩、余裕でできました。
こんな日が続けばいいなぁ。
もう少ししたら安定期に入ります。

家の工事が着々と進んでいる中
昨日、うれしい結果が届きました。

それは、薪ストーブの助成金交付審査が通過したという知らせです。
これで20万円助成金が受けられます。

この薪ストーブ助成金については、地方自治体によりますが
助成金制度があり、その審査に通過すれば助成金を受けられるという制度です。

引っ越す先の市では、工事2週間前に事前申請があり
設置後にも最終書類提出があります。

それさえクリアすればありがたい助成金が受けられます。

最初の審査さえ通れば、あとは設置後に、設置写真や、報告書や、収支報告書など提出すればOK。

煙突工事を行うのが5月2日だったもので、最初の申請に2週間程度かかると案内があり
提出日が迫っていましたが
市はすぐに対応してくれたようで申請に2週間もかからなくOKをいただけました。

何度も、市の担当の方に問い合わせさせてもらい、そのたびに丁寧にお答えいただき
不明な点などほぼない状態でことが進んでよかったです。


家は、基礎が完成し、柱などの建材が現場に到着しました。
4月26日が棟上げなので、あと4日で、そこまで行くのかと驚きです。

棟梁である義父は、家が隣なもんだから一人夜遅くまで頑張ってくれているようです。

そして、キッチン、窓がほぼ決定しました。

キッチンは結局最初にみたリクシルさんに決定。
最初はリシェルシリーズにしようかと思ってたのですが、
先日最終確認にシュールームにおとずれた際
リシェルの下のランクであるアミィシリーズが終わり、アレスタというシリーズが
5月受注、6月順次出荷で始まるということを
現地で知り、そっちに切り替えることにしました。

つわりをおして、行ってよかった!
コーディネーターの方の事前予約取れなかったんだけど
朝一番に訪れて、30分程度なら大丈夫ですという係りの方がいらっしゃったので
それまた助かった。
事前に以前の見積もりを赤字で修正していたので
チェックするところも限られていて
スピーディーに見られたのもよかった。

すべてがうまいこといった感じです。

アミィシリーズの、包丁などの収納する方法がどうしても気に入らなかったので
リシェルシリーズをしょうがなく選んでいたんですが、
今回のアレスタシリーズはリシェルシリーズと似ていて
包丁やまな板を収納する場所が同じ。
ただ、引き出しがパタパタと傾かないという点。
他に、収納スペースがリシェルより小さいという点の違いでしたが
その包丁まな板収納スペースがリシェルと似ているアレスタは
パタパタしないけど、私には十分なものでした。

下のシリーズのほうが、正直言ってかけ率低いから私的にも大助かり

てな具合で、アレスタシリーズでも見積もり。
リシェルシリーズとほぼ準じるようにしたのですが、水栓や、引き出しの素材など仕様をいいものに変更させてもらいました。

で、、、、、、本日お昼間に見積もり結果が届いたのですが・・・

リシェルより、アレスタのほうが見積もり価格10万ほど高くなってしまいました。(汗)
本末転倒だけど、ここはかけ率に期待したいと思います。。
ドキドキだけど、かけ率低いって私は信じてます・・・・・・・・・・・・・!!!!!


朝一番にリクシルのショールームに行ったので
午後から時間があるため、三協アルミのショールームへ!

リクシルは京都烏丸。
三協アルミは大阪門真。
結構な距離あります。

しかし、今日一日頑張れば、
もやもやとしか考えてなかった2事項がほぼ決まると頑張っていってきました。

三協アルミさんにも以前に訪れており、大体の見積もりを取っておりました。
その時案内していただいた女性の係りの方が今回も対応してくださり
大変助かりました。
引っ越し先の営業所とも連絡を取ってくださっており、
話が早い。

変更したいリビングの南側の窓、寝室の窓を決めました。
あとは色です。
これは外装の色と合わせようと思っていまして
まだ保留段階です。

棟上げに帰った時に外装と、窓枠の色を決めます。

家の工事が始まってどんどんと話が進んで行ってます。
もう決めなければ進まないっていうタイミングで話が進んで行ってます。
本当はそうなる前に決めておいた方がお義父さんもスムーズに行くんでしょうけど・・・
優柔不断でもうしわけない。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ

0 コメント:

コメントを投稿