2017年10月18日水曜日

今年も薪ストーブの煙突掃除。

こんにちは。こみんです。

寒くなってきたので、そろそろ薪ストーブの準備です。

シーズンオフの時は
炉に灰をある程度残し、
本体外側は錆びないようにオリーブオイルを塗り込んでいました。

そして、つい先日、煙突掃除。

 全て夫くんがしてくれます。

ちなみに、薪ストーブは、ネスターマーチンS43 B-TOP仕様です。
B-TOPとは、薪ストーブの上に丸い円盤状の鉄板?で調理ができる仕様です。

丸い円盤状以外のところでも、表面は200度ほどを保つため
煮炊きものも可能です。
円盤状のところは、それ以上の温度です。



がっぽりと、煙突を外し、室内から煙突掃除棒を差し込んで、ガリガリとお掃除。


煙突下には、袋をかけて、ススを受け止めます。


今回は、ススどんぶり1杯分ほど取れました。

炉内の上にある石を外し、上から落とした煤(本体接続の煙突を上からガリガリ)と
舞い上がったり、たまったりした灰を取り除き、とりあえず煙突掃除は終了。


さぁ、お楽しみの冬の始まりです。


0 コメント:

コメントを投稿