2017年2月8日水曜日

子どもがトイレにおもちゃを流したら・・・

こんにちは。
こみんです。

トイレから悲鳴が聞こえてきました。

「うぎゃーーーーーーーーー
かーーーーちゃーーーーん」と

長男がトイレを済ませ
流しているときに
持っていたおもちゃを便器の中に
落としてしまったようです。


大泣きです。


慌ててトイレに駆け付けると

もうウルトラマンの影も形もありません。


えっ、もう流れたの・・・?


あんなおおきなのが?


詰まるやん。


そう思いました。


水があふれてきてなかったので
とりあえずホッとしましたが
次に下水にウルトラマン流してしまったという罪悪感が襲ってきます。

下水処理場の網に引っ掛かるー><
申し訳ない。

しかし、どうすることもできないので
心の中で
「下水道処理場の係りの方ごめんなさい」と
唱えておきました。


そして、とりあえずは水が流れてるのに安心してたのですが
その後トイレにいって水を流すと
いつもより水の量が多い!あふれる!!!

というくらいまで水の位置が上がってきました。


ひやひやしましたが、もう少しであふれるというところで
水位は下がっていきました。

あぁ、やっぱり詰まっているのか。


さっそく、ビニール袋で手をカバーして
突っ込んでみましたが
ウルトラマンのおもちゃに手が当たらない。

そんなに奥に行ってしまってるのか…


どうしよう。

そうだ、大工の義父に相談しよう!


と、
「おとーーーさーーーん、トイレにおもちゃが詰まりました・・・。
手を突っ込んでみても、触れることもないほど奥にいってしまってるんです」


「そりゃ困ったなぁ。取れない位置なら、便器を外すしかないかも」


「そ、そんなにですか・・・」


「そうやなぁ」


という会話で、がっくりしながらもう一度トイレに手を突っ込んでみましたが
やっぱりない。


そうこうしていると
義父が
30cmほどに切ったホースをもってきてくれました。

そのホースでトイレに手を入れてぐいぐいと手が届かない場所まで
入れてみてくれました。

しかし当たったてる感触はしないとのこと…


しばらくその動作を何度か繰り返し
流すということを繰り返し

結果

それほどまでに水位が上がらなくなりました。

流れたか、角度が変わったかして流れやすくなったようです。


完全に流れたという手ごたえを感じることができなかったから
本当に大丈夫とは言い切れないところもあり
しばらく様子見です。


毎回水を流すたびにひやひやすることになりそうです。

最悪の場合便器を取り外して、
管の中に入ってるのを取り除くということをしなければなりません

大がかりのことになりそうです。


長男には、もう二度と「おもちゃをもってトイレに入らない」という
約束をしました。




このサイズのウルトラマンが流れました。
ごめんなさい。。。


0 コメント:

コメントを投稿