2013年10月10日木曜日

間取りが決定しました

この土日に義両親宅へ帰省しました。

目的は2日間で間取りを完成させることでした。
そして、孫の成長を見てもらうってことも。

家の間取り相談
義父と夫、親子で細かいところを詰めています。
とっても頼りになる二人です。

二人の間で遊ぶ息子。
親子三代並んで、家の打合せ頑張ってます。


大体希望の間取りをCADデータで作っていたので
それをもとに間取りを完成させます。

義父の現場を見せてもらったり
他建設中物件2件の間取りと部屋のイメージを、参考にさせてもらいました。

で、完成した間取り1階がこちら

一階間取り
ユーティリティは、ファミリークローゼットと家事室の役割をかねています。
主寝室との間は、天井一杯の高さの収納棚で仕切る予定。

LDKは一部吹き抜けにします。
しかし、暖気が上がってしまうので、可動式の天井を障子風なもので作る予定です。
LDKの大きな掃き出し窓は引き込み窓にしたいと夫の希望。
開口を広くとって、開放感あるものにしたいです。

フリースペースには梁にフックをつけてブランコ設置予定。
玄関横、階段下に、シューズクローク、簡単な上着もかけれるように。
主寝室からの階段下には収納スペース。布団をしまいます。


2階間取りも決定です。
二階間取り

2階は、子供が増え成長したときに本格的に使うことになるでしょうが
今のところすべてを一階でできるよう、間取りを組んだので
2階は主に倉庫利用ということになります。
空調室というものがありますが、これは義父の提案。
この部屋で暖められた空気をその他部屋に送るようにします。
この部屋は屋根が低く、暖気ができやすい場所になります。


これで見積もりを開始します。

義父は、大工のプライドにかけてもいいものを作りたいと言ってくれてます。
わたしも、義父の作品として他の人に内覧してもらえるくらいの家になればいいなって思ってます。

夫と、義父の合作となるわけで、そんな家に守られて生きるって嬉しい。

息子には、「この家お父さんが設計して、おじいちゃんが作ってんで~」って言える家。

あと数年で、そんな日がくるんでしょうね。
楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿