2013年9月26日木曜日

子育てする家

子育てする家として
2階上がったところから1階の吹き抜けが見えるような設計をしていて
その吹き抜けにロープを垂らして
ロープでもあがれたり、降りれたりできるようなスペースを作ろうと思ってます。

もしくは、玄関から入ってすぐのホールにブランコを設置。


フックを梁に設置しておいて、使わない時は取り外しできるようにしたいと思っています。

なのでリビングからの続きですがホールが少し大きめなんです。


この希望は、後々叶うかな~。

覚書のようになってますが、今のところの希望です。


にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ


2 件のコメント:

  1. こんにちは
    広々としたホールはすごく素敵だと思いますよ。
    わが家の場合は、法規制でいっぱいいっぱいで広い玄関ホールを断念しました。
    空間が広いことはそれだけでイメージそのものが全く変わりますよね。

    ところで、いろんな方式や考え方があるので、人それぞれが目指す家はあって構わないのですが、せっかくこれから作られるのでアドバイスというか耳知識でも構わないので紹介させてください。

    大空間を目指すのであればなおさら、いわゆる空気をあっためる温熱環境でないほうが快適な空間を作ることができます。
    わが家は蓄熱式温水床暖房を採用してます。
    1F全部に蓄熱モルタル層があり、玄関の下の土間からトイレ、お風呂まですべてに温水パイプが入っているものです。
    この床暖房をタイマーで一日3回(45分~60分程度×3回)合計2時間半~3時間稼働させることで、24時間家の中すべてをほぼ同じ温度に保っています。
    合計3時間稼働させてあとの21時間は蓄熱したモルタル層が放熱しているわけです。
    輻射熱ですので風は全く起きません。ホコリも舞いません。
    部屋の空気を温める発想ではないので、大空間たとえば吹き抜けなどで床と天井の温度差もほぼ起きません(最大2度程度?)
    いわゆる普通にCM等でやっている床暖房とは全く違いますので、あれを想像されると間違います。床を温めるのではなく建物本体(躯体)を温めるものです。
    そのため断熱と気密が非常に重要になります。
    どこの工務店でも施工可能なものではないのですが、小さなお子さんや高齢者の方には特に優れていると思います。基本は北欧の発想のものです。
    建物の木を常に乾燥状態に保つので結果的に長持ちします。
    24時間家の中すべてがほぼ同じ温度に保たれるので、家の中で使わない場所がなくなります。結果広く感じますよ(^.^)

    それと、わが家の浄水器
    東レといいましたが、間違い・・三菱レイヨンのクリンスイでした。
    http://www.cleansui.com/shop/g/gA103ZC/

    返信削除
    返信
    1. mazzyさん
      こんにちは。コメントありがとうございます。

      蓄熱式温水床暖房ですね!またいい情報ありがとうございます。
      知ってると、知らずでは大違いですもんね。
      知らなくて建てて、のちに建てる前にしってたらよかったのに~って後悔するよりは絶対いい。
      知ってて何を選択するかで、納得いく建物が建てれます。
      ありがとうございます。

      蓄熱モルタル層すごい力を発揮するんですね。
      一日3時間の稼働だけなのにすごい!
      断熱、気密の点でも、先日見に行った地中熱利用換気システムにも共通する点があります。
      そのもののシステム以外にも、床材、壁材、窓枠もトータルで効率を上げます。

      来週兵庫にいる義父母とともに、兵庫の方にあるモデルルームをまた見に行く予定しています。
      家を建てるところは、比較的夏は涼しいところなので、冬の暖房が重要となりますので温水床暖房参考になります。
      ありがとうございます。

      削除