2013年9月18日水曜日

地中熱利用の換気システム

地中熱を利用した換気システム「ジオパワーシステム」を見に
近くの建設会社のモデルハウスにこの間の土曜日に朝からいってきました。

地中熱利用ジオパワーシステムの詳しくはこちらから
http://www.geo-power.co.jp/contents/system.html

地中にアルミの柱を5mほど差込、
そこからの熱をファンで地上にあげそれを家中に巡回させるシステムというのでしょうか。
間違ってたらすみません。サイトを確認ください。

--引用--
GEOパワーシステムは次のような方にオススメです。
・従来のエアコンの風が苦手。
・子どもたちの体温調節機能低下の記事が気になる。
・脳卒中などの予防として建物内の寒暖差をなくしたい。
・花粉症などで空気環境が気になっている。
・エネルギーの無駄遣いをしたくない。
・環境のため多少の不便さを楽しめる心を持っている。
----


・一体どれくらい夏のこの時期なら涼しいのか。
・費用はどんなもんなのか。
・電気代はどれくらいかかるのか。
・メンテナンスはどうなのか。


ちなみに訪れた時の外気温は31℃。
そして室内はというと28℃程。

入ってすぐ感じたのは
湿気は外に比べたら低く、からりと快適。
そして、空気が気持ち良く優しい感じがする。

このとき、窓はどこもかも、ぴっちりと閉められ、レースのカーテンぐらいのものでした。
普通なら、むぅっとしそうな状態だったけど、さわやか~

花粉症であるこみんは、
この時期秋の花粉症にさしかかり
毎日鼻水ずるずる、ちょっとしたほこりにも反応しています。
季節の変わり目は、ほんとつらい。
すごしやすい季節こそ花粉の季節なんですよね(涙)

外ではむずむずしていた鼻も、
この室内じゃ全然大丈夫。
大きく鼻から息を吸えるーって感じです。

快適です。

空気を部屋へ排出する際、炭など何層もできれいにした状態のものを送り込むそうで
とってもクリーンな感じの空気です。



気になる点をいくつか応対していただいた方に質問を

こみん夫婦「導入費用はどんなもんですか」
担当の方「大体が坪7.5万円です」
こ:「なるほど、じゃ28坪の家を考えると75,000円×28坪=2,100,000円ですね。」
担:「そうですね。皆さんそんな感じです」
こ:「月々の電気代は?」
担:「1000円程度です。しかし真夏は、やっぱり暑いので
エアコンと併用される方もいらっしゃいますよ。
同じく真冬も、寒いと感じる方はいらっしゃいますので、
暖房器具使われる方もいらっしゃいます。
自然の力なので、めちゃくちゃ涼しいとか、めちゃくちゃ温かいというわけではありませんので
注意してください」
こ:「メンテナンスは?」
担:「ほぼいりません。壊れるとしてもファンです。」
こ:「電気代以外に、費用がかかるようなこととかありますか?」
担:「壊れるとしても、床下に設置するファンですので、ファンはエアコンなどよりも壊れにくいです。取替えも簡単にできますので、費用もエアコンを買い換えるほどのものではありません」

ざっと現状の空調で新しい家になったときのことを考えてみた。
夏場は、エアコンと扇風機。
冬場は、エアコンは使わず、石油ストーブと扇風機(サーキュレーター)を使用しています。


なるほど、ざっとですが算出してみる結構すごい金額・・・。



地中熱換気システムを入れても、真夏の一ヶ月くらいはおそらくエアコンを使うだろう。
真冬もストーブつけると思います。
そこで再び簡単シュミレーションしてみました。


地中熱利用した場合


とっても、雑な計算です。
現時点で考えられる要素で考えてみた我が家のシュミレーションです。


空気清浄機は、地熱利用換気システムなら不要だし、その点もプラス要素です。
地中熱を入れると、おそらくエアコンの台数も最低限に減らすとは思うので
もう少し安くなるかも知れません。

エアコンのメンテナンスの手間や、メンテナンスのための掃除道具も減るとは思います。
ジオパワーのメンテナンスも明確でないから、そのあたりを詰めて質問したり調べたりする必要もありそうです。
ファンが故障したら、どれくらい費用がかかるかとかね。

もっと細かく計算する必要があるかもしれません。

しかし、この導入には施工業者が限定されていて義父のところはそうではありません。

地中熱は建てる前の話だからしっかりと検討したいです。




にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

0 コメント:

コメントを投稿